スピード重視の介護ってどうなの?

介護老人保健施設などに勤務してみるとわかるように、限られた時間の中で大人数の方の介護をするということは、どうしても一斉作業が増えてしまいます。

たとえば、お昼は全員でホールで食べるという集団生活のルールがあるために、それまでに入浴を終わらせなければなりません。施設入所前は、夕食後に一人でゆっくり入浴していた方も、施設入所後は午前中のうちに短時間で入浴を済ませると余儀なくされる場合もあります。

QOLを重視する施設の場合は異なるかもしれませんが、まだまだこのような施設は多い傾向にあります。

仕事が早く終われば先輩に怒られることもないし、完璧にやっているという評価をもらえると思い、スピード重視の介護が正しいと思っている介護士もいます。もし、出来るだけ早く業務を終わらせることが、質の高い介護だと言う先輩がいるのならば、その施設は良い施設だとは言い難いかもしれません。

介護の質の高さを評価するのは、先輩ではなく入居者です。

決まった時間にトイレに行かされて、無言で淡々と排泄介助される高齢者の気持ちを考えたことはありますか。果たしてこれが、本当に質の高い介護なのでしょうか。

入居者の中には、介護施設に入所した時点で、生活の質を求めることを諦めてしまう人も大勢います。
自分のことを家族の厄介者だと思う人もいます。

もし自分が高齢者になった時、同じような待遇を受けたらどう思うか、考えてみてください。

介護士して高齢者の一番身近にいる人間として、毎日どのような関わりを持っていくことが必要か、個別に考えてみる時間を持ちましょう。

スピード重視の介護を行うことは、時に必要かもしれません。

しかし、スピードを重視する傍らで、相手も自分と同じ人間であるということを忘れずに関わっていくことが大切です。残された人生を過ごす場所が施設であると決められてしまった人達に対して、介護士は毎日どのようなサービスを提供していくことが出来るのでしょうか。

一人一人の高齢者にとって、毎日関わる介護士の存在はとても大きいということを心に留めながら働きたいものですね。

介護の仕事は大変?

介護の仕事と聞くと、やりがい以上に仕事が大変だという、ネガティブなイメージが持たれがちです。実際に介護の仕事をしている方であれば御存知のように、身体介護は体力が必要ですし、認知症介護の忍耐力と柔軟性が求められます。

体力的にも精神的にも大変な仕事内容だと思われがちで、一般的にも敬遠されがちですが、実際どうなのでしょうか。

やはり体力的には大変です。中腰になって業務・介護をする場面が多く、身体的な疲労・腰痛からくる痛みなどは職業病といえます。

介護の仕事は日中の他にも夜勤もあり、現在は夜勤もできないと就職できない地域が多いので日勤・夜勤と両立するのは身体的にも精神的にも大変といえるでしょう。年齢を重ねても健康で仕事するにはセルフコントロールが必要になるわけです。

介護の仕事をしたことがない人は、排泄介助や入浴介助といった、身体的な介護が主な業務内容だとイメージしがちです。

もちろん、実際は排泄介助や入浴介助、食事介助といった、生活に必要な機能を介助する場面はたくさんあります。

しかし、それらの介助を行うこと自体よりも、介助を通して利用者一人一人と関わっていくことが、介護士の最も大切な仕事だと言われています。

例えば、半身麻痺のある人の入浴介助に携わる場合、その人が自分で洗うことが難しいような部分は、介護士が介助します。その際に、黙々と体を洗う介護士がいます。

もちろん、利用者には個別性があるので、話しかけられるのは好まないという方もいるでしょう。

しかし、普段できないような会話をできる機会として捉え、皮膚の異常を発見したり、日常生活の不安を聞き出せる場面でもあります。

このように、介護と一言で言っても、質の高い介護を行うには高い観察力や知識が求められるのです。

大変な面だけに焦点を当てると、介護だけではなく他の仕事でも、大変だというネガティブなイメージが持てます。

介護職も、他の仕事と同様に大変なこともたくさんあります。
それを考慮したとしても、誰かのために役に立てるということと、仕事のやりがいを知れば、介護職に対するイメージも変わってきます。

イメージを抱くことは簡単ですが、実際に働いてみないと得られない達成感ややりがいは、イメージでは実感することが出来ません。

介護士の人数は、まだまだ足りていません。
出来るだけ多くの人が介護職に興味を抱き、日本の福祉レベルを向上させるために働いてくれることが期待されています。

定年後に介護士になるという選択

少子高齢化に伴う深刻な介護士不足が大きな社会問題になっている今、定年後や子育てが落ち着いた世代のマンパワーを活用することが、介護業界で大きな注目を集めています。

定年退職後に、今までとは全く違う仕事をしたいと希望して、介護業界に転職してくる人が増加しています。しかし、実際はその思いとは裏腹に、転職に対する不安が大きく、なかなか行動に移せないという人も多いようです。

定年後に介護士として働くという選択を躊躇してしまう理由に、体力的な問題とスキルの問題があります。

まず、体力的な問題とは、50代、60代の体力で介護という重労働ができるのだろうかということです。実際、介護職の業務としては身体介護の割合も高く、その内容は入浴や排泄ケア、着脱など、体力を使うものも多く含まれています。

では、体力を使う仕事だから本当に無理なのでしょうか。
たしかに、高齢になるほど体力は若者と比較して落ちてきます。

しかし、常に全力疾走しているわけではありませんから、そこまで心配することはありません。運動量としては、主婦が日常的に行っている掃除や洗濯などとさほど変わらないと言う人もいるほどです。

体力が落ちてきていると実感しているのならば、むしろ仕事を通して体力をつけていくという考え方もあります。体力的に自信がないからという理由で諦めてしまう前に、実際数カ月働いてみて、体が慣れてから継続の意思を再確認するという選択肢もあるでしょう。

次に、スキルの問題として、今まで介護などしたことがない人は足手まといになってしまうのではないかという不安を抱える人がいます。介護士を目指して転職する人の多くが、介護経験ゼロからのスタートです。

20代、30代の社会経験が少ない人達にとっては、仕事のコツを掴むのが大変なこともあるかもしれません。

しかし、今まで社会や地域で数多くの経験を積んできた年代の方達にとっては、どんな仕事であれ、人生経験を活かせるというスキルがあります。

介護は人間相手の仕事であるため、社会経験豊かな方達が若者のお手本となり、現場に刺激を与えてくれることが期待されています。

よく定年迎えた後に社会貢献の一つとして老健などでボランティアを行う方々がいらっしゃいます。もしご奉公・社会貢献をしたいのであればボランティアで良いという意見も少なくないです。

やはり重労働・専門知識の必要な介護士になるためには相当の覚悟は必要かと思います。

年上の新人介護士に対する指導のポイント

介護現場で働く人の年齢は、実に様々です。介護職の中には、定年後に介護士になることを目指して研修を受け、入職してくる人もいます。

定年前までは会社でも課長クラスの立場にあり、部下に仕事を指導していた人が、定年退職して20代の介護福祉士に指導されているという姿もよく見かけるようになってきました。親子ほどの年齢差があるにも関わらず、介護職の経験がある20代の若者が介護経験なしの60代の新人介護士に指導するわけですから、指導方法に悩む介護士も増えてきています。

年上の新人介護士の指導の難しさで直接することが多い課題は、年上の方のプライドの高さです。長年の社会経験や培ったコミュニケーション力は、まさにその人が生きてきた証であり、それを否定される
ことで感情的になる人もいるほどです。

年齢が違うということは、生きてきた時代背景や価値観も全く違うということですから、一歩離れた視点から指導するということも大切です。

年上の新人介護士の良いところや見習うべきところは、意外と多いものです。
確かに、介護技術や疾患に関する知識はまだ不十分でしょう。

しかし、高齢者との関わり方や、業務に対しての疑問点や着眼点などは、それまで介護業界でしか働いたことのない人にとっては大きな刺激になるはずです。

ずっと同じ仕事をしていると、今いる環境が当たり前になってしまい、問題意識が低下したまま働き続けるという場合も少なくありません。しかし、新しく入社した新人スタッフは細かいところにまで目が届くため、小さな疑問を抱いています。その疑問を摘み取ることが、ひいては介護の質の向上に繋がっていくのです。

つまり、年上の新人介護士がそれまで築いてきた価値観や視点を否定的に捉えるのではなく、そのような視点もあるのだと受け止めることで、現場の介護力を上げていくことが可能なのです。

技術の面で何か指導すべきことがあれば、根拠を述べて説明することで、必ず理解してくれるはずです。

年齢に関わらず、同じ介護職として対等に関係性を築いていくことが、年上の介護士と信頼関係を結ぶために大切なのです。
このページの先頭へ戻る
メニュー