ヤクザが介護ヘルパーに?奇抜な設定の映画、任侠ヘルパー

ヤクザはやっぱりヤクザ?

任侠ヘルパーは、2012年に公開された映画です。ヤクザが介護ヘルパーになるという、現実では考えられない奇抜な設定が人気となりました。ひょんなことから介護施設で働くことになったヤクザが奮闘する姿と、貧困ビジネスの問題などを取り上げており、考えさせられる内容です。福祉事業の利権を狙った悪人たちに対し、怒りを覚えて爆発させる主人公のヤクザは、根っからの悪人ではないことがよくわかります。主人公の彦一(草なぎ剛)は、隼会という暴力団に所属していたヤクザでした。

 

この暴力団を抜け、堅気となった彦一は、コンビニでアルバイトをして地味な暮らしを送っていました。ある日、彦一の働くコンビニにお金に困った老人が強盗に入ったのですが、それを見逃した彦一は当然のことながら警察に捕まることになります。刑務所送りとなった彦一はそこでコンビニ強盗だった老人と出会います。その老人も元ヤクザだったのです。困ったことがあったらここを頼れとその老人から教えられていたのが「極鵬会」の組長の朝比奈でした。

 

その老人は彦一の出所の日に病死します。出所後、行くところが無い彦一は朝比奈を訪ねます。朝比奈から任された仕事は、老人向けの闇金とその闇金で破産してしまった老人たちを「うみねこの家」という介護施設に入れ、彼らに支給される年金や生活保護費を横取りするものでした。

 

 

うみねこの家、復活

うみねこの家は劣悪な環境で、介護施設とは名ばかりのものでした。最初は黙って言われた仕事をしていた彦一ですが、老人を食い物にする極鵬会に苛立ちを覚えます。やがて彦一は、うみねこの家を立て直す決心をします。

 

まず、入所している老人たちに演説をして働かせます。かつては主婦をしていたり何らかの仕事をしていた人ばかりです。老人たちはするべきことが見つかると生き生きと働き出します。間仕切りを撤去させ、食堂にはテーブルを置き、テレビを設置します。彦一の知り合いのキャバ嬢もボランティアで手伝いに来るようになります。たちまちうみねこの家の評判が良くなり始め、入所する老人たちも幸せそうでした。

 

しかし、極鵬会の貧困ビジネスに神経を尖らす代議士(弁護士資格を持つ)の八代と、極鵬会が黙っているわけはなく、うみねこの家に危機が迫ります。八代は交通事故に遭ってしまい入院、うみねこの家には放火されてしまいます。そこで彦一はある介護施設の入札会場へ乱入し、極鵬会の存在を連呼して挑発します。そうなると極鵬会は彦一を生かしておけないと追います。彦一は町から出るように進言されますが死を覚悟して残る決意をするのです。

 

うみねこの家の焼け跡には、入所者たちが集まっていました。彼らの居場所がここになっていたのです。彦一は命がなくなるのを覚悟の上で極鵬会と対峙していました。傷だらけの彦一を助けたのは元代議士の八代でした。八代はうみねこの家には彦一が必要だと伝え、警察に捕まった時は弁護を引き受けるとまで言ってくれるのです。弱き助け、強きを挫くが任侠道、まさに彦一はこの通りの人物なのです。

映画編

ドラマ編