介護の仕事と悩み

安い給料で働く介護士の悩み

介護士があげる不満の一つに、給料があります。
介護士の給与は、学歴や経験、地方か都市かによって異なってきます。
一般的な求人を見てみると、専門学校卒の介護福祉士は、月に4回の夜勤を含めた月給が20万円前後です。
ヘルパー2級の資格を持つパート職員の場合、時給800~1000円前後で推移しています。
ハードな夜勤をしても、夜勤手当が何万円もつくというわけではありません。
地方では、夜勤を月に4回こなしても、月給手取り15万円に満たないということもあります。
体力を使う重労働であり、なおかつ夜勤もしているのに、一般事務職と大差ないか、むしろ少ない給料というのが介護士の大きな問題点です。
専門学校を卒業して介護福祉士の国家資格を取得したにも関わらず、年収は300万円ということは珍しくありません。
中には、正社員で年収200万円という介護士もいます。
きつい仕事、安い給料、満足できない待遇といったことを理由に、介護職の離職問題も国の大きな課題です。

このような状況を鑑みて、政府は介護職員の処遇改善交付金を支給するようになりました。
その実際は職場によって異なるものの、月給で数千円~1万円アップしたという意見が多く聞かれます。
しかし、果たしてそれが介護職の離職対策になっているかというと、疑問視する声も上がっています。
介護職の給与は、経営者側の管理体制の問題です。
どんなに質の良い介護をしても、経営者側が職員の給与を上げることに関して努力する姿勢を示さなければ、実力が給与に反映されません。
そして、そのような施設はいずれ経営の危機に陥るという見解もあります。
経営陣ばかりが利益を得るようなシステムでは、現場で働く介護士はそれに耐えきれなくなり、離職します。
結果として、常に求人を出しているような福祉施設は多数存在します。
介護士としての実力が正しく評価されていないと感じる方は、転職について真剣に考えることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
知識と技術、社会性のある介護士を求めている現場は、たくさんあるはずです。
自分の実力を評価してくれる現場は、自分の力で見つけていくことも大切です。

子持ち介護士と夜勤

介護職に占める女性の割合は、職場によっては9割以上のところも珍しくありません。
年齢層を見てみると、実に幅広い年齢の方が介護士として働いています。
中には、定年してから介護職に転職される方も増えてきています。
日本は超高齢社会を迎え、全人口の25%以上が65歳以上の高齢者であるという社会が到来しました。
健康志向の高い高齢者が増加する一方で、どんなに元気でいたくても、誰もがいつかは介護を必要とする時期がやってきます。

このような状況において、介護士の需要が年々増加していくことは、簡単に予測できるでしょう。
しかし、女性が多い職場であるからこそ、出産を機に退職することが多いという課題があります。
経験のある介護士が出産を機に退職することで、施設は大きな損害を被ることになります。
仕事ができる一人の人材を失うことで、何人もの新人を雇い、時間と費用をかけて育成していかなければならないからです。
また、介護の質を維持していくためにも、経験ある介護士の存在は非常に重要なのです。

職場の中には、育児休暇の取得を推奨しているところがあります。
また、勤務時間の短縮制度を設け、子育て中の介護士でも働きやすい職場作りを心がけている施設もあります。
子持ち介護士の悩みでよく聞かれるのが、夜勤の問題です。(看護師も同じですね看護師夜勤専従
共働き世帯が増加している中で、育児休暇を取得することに後ろ向きな姿勢が多い男性は未だに多く、女性が出産、職場復帰後においても、育児に非協力的な男性は少なからず存在します。
女性介護士が職場復帰するにあたって、夜勤時に子どもをどうするかは大きな悩みでしょう。

そこで活用したいのが、24時間対応の保育所です。
特養や老健の中には、保育所を併設しているところや、提携している24時間託児所があるところもあります。
また、保育所の利用に関して補助を出している施設もあります。
このような制度を利用することによって、小さなお子様がいても夜勤を続けることが可能です。
保育所併設の施設は、その需要の多さから、年々増加しています。
就職や転職を考える際には、出産後も働きやすい職場環境であるかどうかを確認した上で、職場を選んでみてはいかがでしょうか。

介護士の悩み~利用者家族との関係~

介護老人福祉施設や介護老人健康施設、通所サービスなど、高齢者が利用する施設に勤務する介護士は、必ずといっていいほど、高齢者の家族と関わる機会があります。
病院に長期間入院している高齢者が退院可能な状態であるにも関わらず、在宅での介護が困難であった場合に一時的な生活の場として活用されるのが、介護老人保健施設です。
高齢者は、自宅に帰りたいという気持ちを心の奥に隠しつつ、家族の厄介者になりたくないという思いも同時に抱えて、施設に入居してきます。
一方で、そんな高齢者の思いとは裏腹に、介護が必要な状態となってしまった高齢者を厄介者扱いする家族がいるのも悲しい事実です。
施設を利用する高齢者の家族の中には、1年に一度も訪問してこない家族もいます。

様々な家族がいる中で、介護士は利用者家族との関係で悩んでいることがあります。
高齢者を施設に入居させたら、全ての世話を施設側に任せてしまう家族。
何かあると、頻繁にクレームをつけてくる家族。
緊急時でも連絡が付かない家族。
この他にも、介護士は多様な形の家族と関わる機会が多く、どのように関係を築けばいいのか思い悩んでしまう場合も多いようです。

家族との関係は、介護士だけで解決するのが困難な場合も少なくありません。
したがって、一人で悩んで解決しようとするのではなく、介護主任や看護師、社会福祉士など、まずは誰かに相談して解決策を練っていくことが大切です。
家族との関係を一人で解決しようとした責任感の強い介護士が、結果的に問題をより複雑にしてしまうケースもあります。
こんな小さなことで相談してよいものかと、ためらってしまう介護士もいます。
しかし、経験がまだ浅い場合、特に家族が絡んでいる問題の解決は自分一人で行わず、経験のある上司や同僚に相談していくことが必要です。
報告・連絡・相談はどこの職場でも共通していますが、チームで働く介護の現場では、特に重要なことです。
施設側と利用者側の関係がより良く維持できるように、チームで連携を図りながら仕事を進めていくことが大切です。

介護士の悩み~トイレ誘導~

介護士の行う業務の一つに、排泄介助があります。
高齢者になると、腎臓の働きが鈍くなり、尿が濃縮される力が弱まる結果、薄い尿が増えます。
すなわち、高齢者はトイレが近いというわけです。
ADLが低下していたり、動くことが億劫だと感じる高齢者の場合、失禁してしまうことも少なくありません。
しかし、できるだけトイレで自然に排泄することが望ましいと言われています。

オムツが多い施設は、介護士の質も低いと言われることがあります。
もちろん、全てがそうではないですし、高齢者の体調や安全管理の都合上、オムツを選択する場合もあります。
トイレで排泄するということは、排泄の自立を目指す上でも大切なことであり、ADL維持のための筋力保持を行っていく上でも重要なことです。

施設で働く介護士は、2~3時間ごとに高齢者に声を掛け、排泄介助をします。
入職したての職員は、排泄というプライベートな事柄なのに、なぜそこまで徹底して声掛けをしていくのか不思議に思う人もいるでしょう。
その理由はいくつかありますが、高齢者の自尊心低下の原因の一つに、失禁があります。
失禁は、膀胱の機能に問題がある場合や、骨盤底筋の筋力低下の問題、認知症など、脳の機能性における問題など、様々な原因が考えられます。
いずれにせよ、失禁してしまったということで、高齢者は自尊心が低下し、日常行動に対する意欲が低下することがあるのです。
今までできていたことが出来なくなってしまうことに対する恐怖は、高齢者の心を孤独感や自責感で満たしていきます。

このような事態に陥らないためにも、職員による定期的な声掛けが必要なのです。
排泄介助はトイレ誘導だけではなく、必要に応じてオムツやリハビリパンツを利用している人もいます。
ADLによっては、床上排泄が習慣化している人もいるでしょう。
排泄という行為は、羞恥心を伴うことを忘れないことが大切です。
いくら高齢でも、羞恥心は存在します。
プロの介護士として、高齢者の気持ちに寄り添ったケアを行いつつ、自立や安楽を目指したケアを心がけていきましょう。

介護士の悩み~看護師との人間関係~

病院や施設には、必ず看護師が勤務しています。
また、病院は少ないかもしれませんが、施設には多くの介護士が勤務しています、
医療依存度が低い介護老人福祉施設には、入居者100人に対して看護師3人の配置が義務付けられています。
また、医療依存度が高く、病院と在宅の中間地点だと言われている介護老人保健施設には、入居者100人に対して9人の介護士の配置が義務づけられています。
もちろん、両施設において、介護士の数は看護師の数よりも多いです。
施設で働いていると、中には介護士と看護師の間に確執が生じてくることがあります。

介護士と看護師は、本来であればチームで協働していくことが理想とされていますが、実際はそう簡単にいかないことのほうが多いようです。
介護士としては、看護師の横柄な態度やプライドの高さなど、態度の面で問題視する傾向にあります。
一方で、看護師としては、介護士の技術や知識が欠けていることに対して、問題視する傾向にあります。
介護士は、生活という視点から高齢者を見ていますが、看護師は安全や健康維持という視点から高齢者を見ています。
そのため、看護師のADL維持を目的とした厳しい態度が、介護士から見ればキツイ対応と捉えてしまうことも少なくありません。

両者とも専門職であり、高齢者をケアしていく上では必要な職種です。
しかし、職種間で歩み寄っていくことは、なかなか難しい場合も多いようです。
お互いに歩み寄り、協力し合いながら仕事を進めていくことが理想的です。
介護士は、看護師よりも多く入居者と接する機会が多いため、体調の異常も発見やすいというメリットがあります。
しかし、異常か正常かわからないようなグレーゾーンの場面に遭遇することも少なくありません。
介護士と看護師の仲が良かった場合、どんな些細なことでも報告・連絡・相談が気軽にできるため、体調の異常も早期に発見することが出来ます。
しかし、仲が悪かった場合は、なかなか意見交換ができず、体調悪化の徴候を見逃してしまうこともあります。
互いの専門性を生かせば、必ず良いケアを行っていくことが可能です。
介護士と看護師の距離が縮まり、質の高いケアが出来る施設が増えていくことが望まれています。